~~肢体不自由児者のよりよい福祉実現を図る~~

●● 療育指導事業 ●●

  1. 水泳療育訓練(金沢市の委託事業):6・12月は第1、第3土曜、9月は第1、第5土曜、他の月は第2、第4土曜日です。在宅・通園児を対象に水泳療育訓練を年間17回実施する。
  2. 成人を祝う会:1月成人の日、新成人と保護者、役員等が出席し記念品を贈り祝う。
  3. 会員交流の集い:会員と家族、ボランティア等が参加した療育指導行事を実施する。
  4. あゆみ療育の会(療育訓練事業):石川県内に住む障害児者とその保護者が、心理リハビリテーション(動作訓練)による養育研修を行い、それぞれの障害を軽減し、克服するための療育活動を行う。
●● 通信指導事業 ●●
  1. 機関紙「会報」を作成し、会員全員に年3回配布
  2. 指導誌(はげみ)を購読者に年6回配布
  3. 全肢連だより「わ」、肢体不自由児者父母の指導誌「いずみ」を配布
●● 啓発宣伝事業 ●●
  1. 定期総会:毎年5月中に開催する。
  2. 総会の席上において、施設・学校・病院等の永年勤続職員に感謝状と記念品を贈呈する。
  3. 平成28年度は、創立60周年記念事業として記念誌を作成し、式典等を開催する。

●● 調査相談事業 ●●

相談員の研修会:2月、相談員、常任理事を対象に研修会を実施し、会員の福祉向上を図る。

●● 助成事業 ●●

支部活動及び市・町の父母の会設立、行事等を活発にするために助成する。

●● 研修事業 ●●

  1. 日本肢体不自由児協会連絡協議会に出席
  2. 全国肢体不自由児者父母の会連合会の総会、全国大会、東海北陸ブロック大会・地域指導者研修会に参加する。
●● 収益・啓発事業 ●●
  1. 当協会作成の「愛の絵はがき」の頒布事業を行う。
  2. 飲料自販機の増設を図る。
●● その他 ●●
  1. 県・市町や関係団体との関連事業に参加し協会の活動に生かす。
  2. 内規により、会員(対象児者)及び役員に弔慰金を贈る。